二酸化炭素活用技術 その2~三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)

化学的に光合成を起こして二酸化炭素を固定・活用する技術の開発も進められている。

光合成のメカニズムには、まだ不明な点も多いが、光合成生物体内では光によって電子の移動が起こる「光誘起電子移動」によって電荷分離が起こり、電子が一方向に流れる。

ここで得た電気エネルギーが、効率よく化学エネルギーになり、光合成に活用される。

現在のメインテーマは、電荷分離の後に起こる逆方向への電子移動を起こさせない技術の開発だ。

現在、世界中の研究機関が光誘起電子移動の研究を進めており、実験室レベルでは光合成に類似した反応を起こせるようになっている。

ただ実用化までには、まだ時間がかかるものと見られている。

三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)