リンドウ その2~三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)

梅雨明けごろから9月中は、風通しのよい半日陰で涼しく過ごさせるようにします。

多湿を好みます。

生育期間中は1日1回、夏の高温期には2回程度水やりを行います。

ただし、花に水をかけると花が褐色になり腐る率が高くなるので、花期は上からではなく根元に与えるようにし、雨にも当てないよう注意してください。

肥料は生育期間中花後11月中旬まで、緩効性肥料を月1回か、1000倍の液肥を10日に1回水やり代わりに与えます。

寒さには強く、戸外で充分冬を越せますが、北風と鉢土の凍結は地中にできている芽を傷めたり、腐らせたりしますので、軒下などに移して管理します。

水やりは根を乾かさないよう、鉢土の表面が乾きかけたら行います。

三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)