エリカ その2~三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)

ヨーロッパ原産種ほどではありませんが、高温多湿には弱いので、夏は半日陰で風通しのよい場所で管理します。

エリカは根が弱く過湿を嫌い、水やりが過ぎるとすぐ根腐れを起こします。

逆に乾きすぎも禁物で、水が切れても葉がしおれにくいため、気がついたときは手遅れだったということが最も多いようです。

水やりは鉢土の乾き具合に注意し、一年を通じて表土が乾いてからたっぷりと与えるようにします。

また、高温多湿に弱いので、特に夏は水のやりすぎに注意し、梅雨時は雨にも直接当てないようにしてください。

肥料は生長期に施しますが、8月以降は与えないほうが花つきがよくなります。

4~7月の間、油粕+骨粉の配合肥料を月1回株元に置くか、1000倍の液肥を月1~2回水やり代わりに与えます。

三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)