女性にはお勧めの仕事~三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)

府政という枠組みを越えた仕事の広がりには目を見張らされるが、

「京都の振興がかかっているわけですから、しんどい面もあります。

構想段階の話だから結果がすぐに見えてこないし、予算の壁にぶち当たってできないこともあります。

でも何もないところに絵を描いていけるおもしろさは、最高です。」

地方行政というと窓口業務の地味な印象があるが、地域の開発・振興という面から考えれば、結構大きなことができる。

安定志向で入ったら逆にあてがはずれるかもしれないとも平井さんは言う。

「でも、仕事を続けたい女性にはお勧めの職場です。

男女の区別は全くないし、女性ということで不利益を感じることもありません。

逆にいえば常に同等の能力を期待されるしんどさはありますが、がんばっているすてきな先輩がいっぱいいるから、道が開かれている感じですね。」

平井さんは、同じ京都府庁内に勤務する職員と結婚し、仕事と家庭の両立にいそしむ毎日をおくっている。

三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)