生後三十日くらいにお宮まいり~三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)

お宮まいりは、生まれた子が初めて氏神様に参拝することです。

多くは生後三十日前後にしますが、古くは百日前後のものとされていたらしく、「後水尾院震記」をみますと、御宮まいり、御誕生の日より百二十日目なり、と書いてあるそうです。

現在でも三十日前後の宮参りは鳥居のところまでで、正式には七十五日、あるいはそれ以上としている土地もまれではありません。

これはどういうことかといいますと、昔の人はお産には忌(機れごと)がつきまとうので、神様のみ前に出るのはなるべくおそいほうがいいが、それかといってあまりおそいのも失礼と考えていたからで、この日を古くは関東では"おびあき"、関西では"しめあげ"、九州では"ひあい"といっていますが、共に忌みあけの意で、土地によっては連れて参拝した赤ん坊を、わざと泣かせ、神様の注意を引きつける奇習もあります。

三上靖史(住宅鑑定風水インストラクター)